« 3/20~25九州ツーリング                 (霧島神宮~長崎) | トップページ | 4/10&11 しまなみ海道お泊まりツーリング(前編) »

2010年4月 7日 (水)

3/20~25九州ツーリング                 (長崎~帰宅)

**左の『このブログに投票する』をポチっとしてくださいな**



さてさて、九州ツーの最終日です。

長崎のホテルで朝起きて。。。。。天気予報見たら率80%~90%
走る前から、テンション

もう、部屋出るときからカッパ着て、エレベータで会った他のお客さんに変な目で見られて。。。。。ちなみにこのホテル、某航空会社系のまぁまぁ高級なホテルです。
おそらく、カッパ着たままこのホテルの中をうろうろする人はめったにいないかも

荷物を積み込んで出発したら。。。。ありゃ 雨があがってる
まぁ、降水確率考えたら、いつ降りだしても不思議じゃないってことで、カッパを着たまま走りました

前日に行けなかった雲仙普賢岳に向かいます。

239a_2 242a
海も鉛色で寒さがいっそう感じる

244a
残念ながら、普賢岳も雲に隠れてます

雲仙岳災害記念館に見学にはいりました。
入場料1000円也。。。。。ちょっと高いなぁ~

自然の力ってすごいなぁ~。。。。怖いなぁ~。。。。って思いました。

この災害で亡くなられた43名の方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

亡くなられたTVカメラマンの方が映された最後の映像が公開されていましたが、見ててなんだか涙がでちゃいました

んで、その後は。。。。

250a 249a
被災小学校に行ってみました。

やっぱ、自然の力って怖いです

その後は、またもやフェーリーに乗って。。。。

251a 255a_2
雲仙とはさようなら



熊本に上陸して、阿蘇経由別府のフェリー乗り場に向かうことに。
時間があったら、阿蘇で温泉に入ろうかなぁ~。。。とか、時間が厳しそうだったら、とりあえず別府まで行って、別府で温泉入ろうかなぁ~。。。。とか、考えながら走行

ふと、ナビを見ると。。。。ありゃ
フェリー乗り場の到着予定時刻が2100

フェリーの出発時刻は2000だぞ


そうなんです。
ナビのルート設定は、だいぶ前に自宅PCでしていて、毎日その設定したルートをダウンロードして走っていたんで忘れていた&今までずっと九州からの帰りのフェリーは別府からを利用していたんで大きな勘違い。。。。フェリー乗り場は別府じゃなくって新門司でした

大きな勘違いに気付いたのは1600頃。

そこから、あわてて高速道路使用のルートにナビを再設定して、一路新門司へ



はぁ~。。。。間に合いました

結局、降水確率は超高かったものの、ほとんど雨に合わずにすみました



帰りは2便なんで、新しい方の船です。

268a

この船の特徴。。。。。

266a
2等洋室の2段ベットが梯子じゃなくって階段になってる。
下段のベットは反対側の通路から入るようになってます。
おまけに、hydeyanは一番端っこのベットだったんで、向かい側のベットもなく壁です。

おもいっきり、いびきを気にすることなく快適に寝ることが出来ました

んで、帰りは特別2等洋室(キャンペーン中で2等洋室と同料金)がとれたんで。。。。

269a
TV付き&ちょっとベッドが広い

045a
ちなみに、1便の2等洋室はこんな感じ。。。。
同じ料金なのに、ぜんぜん違います

まぁ、行きに2便を使ってたら、九州自動車道の渋滞にはまってたでしょうから、結果オーライなんですけどもね



疲れてたんでしょうね~。
出港前に風呂入って

267a
途中のコンビニで買ったおにぎりとオニオンサラダで食事をしたら、後は爆睡でした。

翌朝、雨の降る中を阪神高速使って自宅まで帰りました。



楽しませてもらいました。。。。。九州

えびの高原は再チャレンジしよっと



003a_2 001a 
走行距離 1422km
平均燃費 18.1km/l



さて、今週末はしまなみ海道1泊ツーリングです。
その前に、九州ツーリングのレポが完了してめでたしめでたしです









|

« 3/20~25九州ツーリング                 (霧島神宮~長崎) | トップページ | 4/10&11 しまなみ海道お泊まりツーリング(前編) »

バイク&ツーリング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/20~25九州ツーリング                 (長崎~帰宅):

« 3/20~25九州ツーリング                 (霧島神宮~長崎) | トップページ | 4/10&11 しまなみ海道お泊まりツーリング(前編) »